登山での大きな楽しみが「ランチ」。たっぷり体を動かして、山頂や見晴らしの良いスポットで食べる食事は最高に美味です。

その楽しみをさらに大きくするために、今年購入したのが「ホットサンドクッカー」。ホットサンドを作るための調理具です。国内の登山用品メーカー「snow peak」の「ホットサンドクッカー トラメジーノ」という商品を選びました。

tomera

それまではずっとコッヘルを持っていって、リゾットやインスタントラーメンなどを作っていました。それはそれでおいしいのですが、友人と久々に登ったときに山頂ランチをしながら「山で食べるのに一番ふさわしい料理はなんだろう」という話になりました。

そして出た答えが「ホットサンド」だったのです。もちろん、ふつうのサンドイッチでもじゅうぶんおいしいですが、それを山で焼いて食べたら最高でしょう。

たまたまその少し前に、街のカフェでホットサンドを2人で食べたばかりだったので、そのアイディアが出たのです。「これは名案」ということになり、家に帰るとさっそく、インターネットの登山用品通販サイトを検索。すると、おあつらえ向きの商品が見つかりました。

それが「トラメジーノ」だったというわけです。登山用品ですから、ハンドルをコンパクトに収納できます。クッカーの真ん中でセパレートになっているので、2つのサンドイッチを同時に焼くことができます。そこが夫婦ハイカーの私たちにはもってこい。

片面焼きも出来ますので、サンドイッチだけでなく料理のバリエーションを楽しむこともできるでしょう。価格は想像していたよりちょっと上でしたが、「長く使えるのだから」と、購入することにしたのです。

購入して、大正解。家でサンドイッチを作り、それを持って行って焼くようにしています。そのほうが、おなかが空いたときにすぐ食べられるからです。

コッヘルで調理したときのような、後始末も必要ありません。弱火でもおいしくできるところもミソ。まだ使い始めたばかりですが、私の「山ライフ」には欠かせない「相棒」になりました。

しいて欠点をあげるなら、「重量がもう少し軽いとなお良い」ということでしょうか。余裕のある日帰り登山なんかにおすすめのグッズですね。

スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ GR-009