登山をするときに着ていく肌着・下着を選ぶときは、ウェア関係の中でもお金をかけたい部分です。

登山というスポーツは山というフィールドの特性上天候によりかなりの温度差があり、体温の変化も激しいです。暑いときには汗を大量にかきますが、風が出たり日陰に入るととたんに寒くなって冷えてきます。

大量にかいた汗が発散されない状態では、汗が冷えの原因となって体温がどんどん奪われるので血行不良による疲れや体調不良の原因になります。

登山中に下着がべたべたで気持ち悪いという経験をしたことはありませんか?アンダーウェアは肌と密着している部分で、直接汗を吸い取るものです。重ね着やザックを背負っているために汗の発散が悪くなりやすいので、不快感も高まってしまいます。

素材が持つ特性の違いを知る!ポイントは吸湿速乾性能

快適な登山のためには汗の吸収と発散性能に着目する必要がありますが、避けたいのは綿素材の下着。綿というのは汗の吸水性は優れていますが、発散性に難があります。

普段日常ではいているような下着や肌着であれば、綿の肌触りや保温性は高いのですが汗を大量に吸ってしまうと乾くのに時間がかかります。汗が乾かないということは、次第に吸水性能の限界を迎え長い時間体を冷やす原因になります。

もう一つポリエステルという素材がありますが、この素材は速乾性能に優れた効果を謳っている素材です。ポリエステルは速く乾く特徴を備えていますが、今度は吸湿性が悪いのです。

汗を吸い込むキャパシティが低く、大量の汗が吸収されないです。汗が皮膚に残った常態になるので不快感が高まりますし、汗冷えの原因になります。長時間大量の汗をかく夏山の登山などには少々役不足です。

登山専用品として売られているものは、この2つの弱点を克服した吸湿速乾性能に優れた性能を持つアンダーウェアです。わざわざ専用で作るにはこのような快適で疲れない登山を実現するのに欠かせないんですね。

快適な登山のために、登山で着るアンダーウェアは吸湿・速乾性に優れ、冷たさを感じない化繊など速乾性素材を使用した商品を選びましょう。