巻き爪が登山靴に当たって痛い!

巻き爪陥入爪と呼ばれる症状を持った人は10人に一人の割合で存在するといわれています。

以前テレビの怖い家庭の医学とかでも陥入爪やってましたね。

登山と巻き爪は無関係ではなく、痛いばかりか登山中に悪化してしまうこともあるというので症状がひどい人は注意が必要です。

原因は硬い山靴と、下山するときなどにかかる足先へかかる負担です。

山靴は固い岩や山肌から足を守るために頑丈な作りをしていますし、フィット感を高める為に靴ひもで固く縛るので靴が合わないと痛すぎます。合わないまま履いていると下山時は特につま先に負荷がかかることも多いので、家に帰って気付いたら爪が食い込んでいたということもありました。登山中って汗でふやけたりして気付かないんですが、帰ってきてからが大変なんです。

管理人はそれほどひどくなかったんですが、一時週2回ペースで山に登りまくっていたときに一気に悪化したことがありました。普段の生活で気にならなくても、山登りという状況が足に負荷をかけ続け悪化させることがあるので登山前に手を打っていきたいです。

深爪や切り過ぎが危険

巻き爪の悪化の要因は深爪によるものが大きいとされています。痛いのできりたくなるんですが、切ると足の肉が大きく盛り上がってくるのでさらに爪が食い込みやすくなるという悪循環になります。最終的には食い込みすぎて自分ではどうにもならなくなるので、早めの対策が不可欠ですね。

自宅でできる巻き爪治療!自己流は危険だった

管理人はやすりでゴリゴリ削ったりしてましたが、変に爪が薄くなった分上手くいきませんでした。食い込まないように気をつけていても、山靴を履くとどうしても食い込んでくる・・・

結局医者にもかかり、針金のようなもので爪の両端を持ち上げた状態で接着固定するという力技での治療でしたね。今ではこのやり方が主流らしいですが。

確かに痛みはなくなるのですが、山へ行くと取れてしまうしそのたびに治療してもらう必要がありました。時間がある人ならしっかり医者へいくのがベストです。私は山に行きたい一心で時間が惜しく、通院を止めてしまいました。

今は便利な巻き爪矯正キットが安く手に入る

そこでネットで調べていると、なんか同じような治療が自宅でできてしまうというキットを発見し使ってみることに。

maki2

巻き爪ブロックという名前の商品でしたが、病院でやってもらったのと同じように針金で固定するタイプだったので期待できそうでした。ばね式になっていて手軽に自分で装着できる優れもの。フルキット購入で¥3600円でしたので通院よりは安く上がります。

固定用のシールが付属しますが、ばね固定なので登山中はさすがにつける気にはなりませんでした。普段使いではお風呂でも剥がれることは無く、日常でつけ続けた結果今では無しでも問題ないくらいに改善しました。お風呂上りに装着すれば皮膚が柔らかいので痛むことなくつけることができました。

注意点はサイズがS・M・Lサイズで合わせなければいけないので、最初はフルキット買って自分のサイズをあわせる必要があります。ばねになっているので多少の調整は効きますが、中には合わない人もいるかも。私の親指の爪は特別にでかいらしく、Lを少し伸ばして使いました。

まだ巻き爪が初期の段階で多少食い込むといった場合でしたら改善できる可能性が高いので、痛くなるようでしたら試してみるといいかもしれません。

>>巻き爪ブロックの口コミ等はこちらで見れます<<